PC-9801-86スイッチ設定方法

本ボードには,8連のディップスイッチがあり,I/Oアドレス設定,サウンドROMの切り離し,割込みレベルの設定および禁止を行います。下図は工場出荷時の設定です。

工場出荷時の設定

(1) I/Oアドレス設定

SW1,SW6により,本ボード内のFM音源LSIのI/Oアドレスを設定します。

I/Oアドレス設定

【PC-9801UX,EXに実装する場合】

  • 本SW1,SW6を「OFF」にします。
    (本ボードのFM音源LSIのI/Oアドレスを0288h・028Ah・028Ch・028Eh番地に設定します。)

【上記以外の本体に実装する場合】

  • 本SW1,SW6を「ON」にします。
    (本ボードのFM音源LSIのI/Oアドレスは従来の0188h・018Ah・018Ch・018Eh番地に設定します。)
  • 本体の設定を行います。

【機種別設定方法一覧表】

機種別設定方法一覧表

【注意】

  1. 本体,あるいはボードの設定が必要な機種の場合,そのまま本体にセットすると,本ボードのFM音源LSIのI/Oアドレスと,本体のFM音源LSIのI/Oアドレスが同じになりますので,正常に動作しません。必ず正しく設定した後ご使用ください。
  2. PC-9801-73(サウンドボード)と同時に使用することはできません。
  3. I/Oアドレスを0288h・028Ah・028Ch・028Eh番地に変更する場合,従来のFM音源対応ソフトで本ボードのFM音源を動作させることはできません。
    また,ジョイスティックのポートも変更になりますので,従来のジョイスティック対応ソフトでジョイスティックを使用することはできません。

(2) サウンドROM切り離し

SW2では本ボード上のサウンドROMの切り離しの設定を行います。

サウンドROM切り離し

【注意】

FM音源LSI搭載の本体に本ボードを実装する場合,SW2で本ボード上のROMを切り離すか,本体のサウンドROMを切り離すかどちらか一方に設定してください。

(3) サウンド割込み設定

サウンド割込み設定
SW3・4の設定により,サウンド割込みの割込みレベルを下表のように設定できます。
工場出荷時の割込みレベルはINT5に設定されています。

【サウンド割込みレベル表】

サウンド割込みレベル表

【注意】

  1. 本ボード以外にこの割込みレベルを使用するインタフェースボード等がありますので,同時に装着する場合には割込みレベルが重ならないように設定してください。
  2. 本体のFM音源LSIはINT5を,またINT6は通常マウスで使用していますので,割込みレベルが重ならないように注意してください。

(4) ディップスイッチ固定

SW5,SW7,SW8は下図のように固定にしてください。

ディップスイッチ固定

【注意】

SW5,SW7,SW8を上記設定以外にしますと,本ボードは正常に動作いたしません。