PC-9801-26Kスイッチ設定方法

出荷時は既定値に設定されていますのでそのまま使用して下さい。

(1) ROMスイッチ

ROMスイッチ

上図の設定のままで使用して下さい。
このときROMアドレスはCC000~CFFFF番地に設定されています。
なお,スイッチを1番右側に設定するとROMを切り離す事が出来ます。

【注意】

ROMアドレスはミュージックジェネレータボードと同じ場所を使用しているため,サウンドボードとミュージックジェネレータボードを同時に使用する事はできません。

(2) 割込み設定スイッチ

割込み設定スイッチ

上図の設定のままだと,割込みレベルはINT5になっています。
他の割込みレベルで使用したい場合は,下図に従って設定して下さい。

割込み設定スイッチ(割込みレベルの設定)

【注意】

割込みレベルの設定は,他の割込みと重ならないように設定して下さい。なお,本体の種類によっては標準装備されているマウスの既定値はINT6,640Kバイトタイプのフロッピィディスクの既定値はINT4です。
また,サウンドボードを8インチフロッピィディスクの接続出来るスロットに挿入する場合は,INT4以外の設定にして下さい。

(3) I/Oポートスイッチ

I/Oポートスイッチ

上図のままで使用して下さい。
逆の設定にすれば,I/Oポートアドレスを0088・008A番地に変更する事が出来ますが,その場合はソフトウェアはサポートされません。